一味違うハンドメイドサイクルキャップ 

2020/06/22 11:30

withコロナの時代


ソーシャルディスタンス、うがい手洗い、そしてマスク。
新しい生活様式は、コロナの猛威が苛烈だった頃に比べるとやや緩んできながらも、人々に浸透しているように思います。
Cycloneの工房の近くには大きな運動公園があります。
夕方に公園を通ると、ランニングや散歩を楽しむ人・人・人!
屋外ですが密度高い!気温が上がってきてマスクをしないで走る方も増えてきたように思います。
2mの距離を確保できない場面も多くちょっと心配になります。

夏は蒸れとの戦いだ


そこでお勧めしたいのが、運動をする方、マスクの蒸れにお悩みの方から大好評の麻ニットマスク
めちゃくちゃ通気性が良いです。
もちろんウィルスに対しての防御性などありません。
ご自身もランナーである山中京大教授が提案する「ジョギングエチケット」に基づいての提案です。



アベノマスクと比較したサイズ感


長時間のマスク着用で耳裏が痛い、かぶれた という声から耳に掛けるヒモまですべて麻ニットで作りました。
ゴムのものより快適にお使いいただけますが、伸縮性が少ないためサイズのフィッティングがシビアです。
商品説明にも細かいサイズは書いておりますが、いまいちわかりづらいため補足します。
参考にしていただければ幸いです。

基本的なサイズは
サイズ
横 約200mm
縦 約155mm 
ヒモの長さ 約150mm

私の顔のサイズは、左右の耳の穴を鼻の一番高いところ(下図:赤線部分)を通して、約32cmです。
男女合わせても標準的なサイズと思われます。(身長166cmなので男性と並んでも小さくありません、鼻は低いです)
お買い上げいただいたお客様のご報告によると、33.5cm、34cmの方もクリアしたそうです。
ただし、34cmの方はギリギリだったそうです。


左利きが右マウスで描いた絵です。雑だけど許して…

すごくわかりやすい!イガ林檎さんありがとうございます。


生地に個性あり


一口に麻ニット、といってもすべて同じわけではありません。
現在のラインナップはこちらですが


ブルー杢が最も生地がしっかりしていて伸縮性が低めです。
とはいえ、極端に厚みがあるわけではなく、触り比べても「うーんそうかな?」程度なのですが
他の色に比べると、装着した時にややタイトかなと感じます。
もっとも、使用しているうちにヒモが馴染んでくるので
ファーストインプレッションで痛みがなければ問題はないと考えております。

Lサイズもリリース予定


当店のサイクルキャップをお買い上げいただいているお客様のうち、Lサイズをご所望の方は3割ほど。
恐らくマスクもLサイズの方が多いと推察されます。
これいいな、欲しいなと思っても二の足を踏んでいらっしゃる方がいる!…はず(よね?よね?)
現在、フィールドテスト中なのでLサイズな方々も楽しみにしていてくださいませ!!