一味違うハンドメイドサイクルキャップ 

2019/10/24 21:14

自転車仲間のY氏がアメリカに赴任中なのをいいことに今年もお邪魔してきました。


住宅密集地と山がすごく近いよね、箱庭みたい。

安定のウッカリ発動

もともとは仲良くしている腹黒先輩がアメリカに行く、と言いだしたのに私とDAT氏が便乗した形でした。
腹黒先輩がチケットをまとめて取る?と聞いてくれたのですが、領収書の関係で自分の分は自分で取ると言ったのがまずかった。
まさか1日間違えて予約するなんてなぁ…(´·ω·`) しかも気づいたの出発の1週間前だし。
おかげでY氏は2日連続で空港までお出迎えする羽目に…本当に申し訳ありません。

サンノゼ空港を一歩出たら青空が迎えてくれたよ

まずはY氏のご自宅で荷物を下ろします。
この段階で、すでに15時間起きているのにまだ朝の10時。時差が本当につらい…。
前日に到着、私たちのお迎えの間にソロで近所のトレイルを楽しんできた腹黒先輩と合流して、市内観光に出発!


シリコンバレーのボールペン

サンノゼといえば、名だたるIT企業が集まるシリコンバレーの中心地。
その隣のクパチーノまで移動し、シリコンバレーでもひときわ隆盛を誇るAppleの本社を見学します。

辺りには首からID下げた頭の良さそうな人たちがうろうろしてたよ

この横にカンパニーストアというお土産屋さん的なお店があり、たくさんの人で賑わっていましたが
Macユーザーでない私にはいまいち感動が薄く、一番心に残っているのは金属製の重たいボールペン(リンゴマーク入り)が32ドルもしたこと。
リンゴ信者なら喜んでお布施するのだろうか…それともこれが高額所得者のスタンダードなのか…( ꒪Д꒪)
しかもビビって画像も撮ってこなかったよ、文字だけでスマン

本命の生地お買い物

帰りに手芸店のJOANに向かいました。
JOANは大手チェーンクラフトショップでアメリカ版ユザワヤといったところでしょうか。
他の同行者3名が手芸店に用事がないのに付き合ってもらっているというのと
なにより私自身が戦闘態勢に入っていて余裕がないためJOANの画像はないです(ということに書きながら気づきましたw)


大好きなALEXANDER HENLYやTIMELESS TREASURESの生地がたくさん買えたぞ~!

JOANを2軒はしごしてくれたので心おきなくお買い物できました。
あまりに満たされ「ああ、もうこれで心残りはないわぁ~!」とつぶやいたら
「お前、まだ1mmも自転車に乗ってないじゃないか!!」とY氏に怒られましたw あ、そうでしたね。

お家に帰ってビールで乾杯。
翌日のライドの計画などを確認しアメリカ初日は過ぎて行きました。