一味違うハンドメイドサイクルキャップ 

2017/06/21 01:05

珍しくこの週末は、両日自転車に乗りました。


土曜はファットバイク所有の友人とのゆるゆるポタリング。
大した距離を走ったわけでもないのに、ぐったり疲れたのは
鈍っているのか、しゃべり過ぎなのか、食べ過ぎか、はたまた純粋にバイクが重いからか?

私はステム交換しただけですが、ほかの二人のファットバイクはそりゃもう凝りに凝った仕様でしたよ。
自転車の中でも、こういう趣味性(変態性?偏執性?)の高いモノはどんどん沼にはまっていく気がします。
もうカスタマイズの動機が速く走るためとかじゃないのよねw
参加のお三方、ありがとうございました。またよろしくね♡


そんな疲れをやや引きずったまま、日曜日は東京・町田市の里山で行われている「まちさが」に参加。
(まちさが里山サイクリングの会:https://www.facebook.com/machisaga.cycling/
こちらへの参加は3回目。地道な活動が奏功したとのことで、親子連れの参加者がぐんと増えておりました。
スポーツ自転車に興味がなかったご家族が、里山までMTBを乗りに来よう!と思って行動するってすごいことですよね!

午後から天気が崩れる予報だったので、挨拶もそこそこにグループ毎に出発です。
山道を走るのが初めての方は、その場に残りまずは基本的なレクチャーから。
経験者でゆっくり走りたい人たちはまったりコースを。私は、一番元気な人組に入れてもらいました。
山道の共有の意識や、歩いている人たちと出会った際のマナーなど基本的な考え方の説明を織り交ぜつつ
楽しく気持ちよくシングルトラックを進んでいきます。
突如現れる20%超え?の激坂に挑戦したり、畑の脇を走り作業中の方にご挨拶したり
変化に富んだコースなのは里山ならではですね。

2時間ほど楽しんで、皆さん無事に帰還。
先に集合場所へ着いていた初心者コースの方も、なんだかみんなニコニコ。MTBを好きになってくれたかなぁ?
こんな風に裾野を広げるべくコツコツと活動をなさっている方々に頭が下がる思いです。
いつもありがとうございます。また遊びに行かせていただきますね!