一味違うハンドメイドサイクルキャップ 

2017/05/28 00:06

今日から山梨の白州で開催のバイクロアに行くつもりが、友人の都合やら諸事情で取りやめになった晴れた土曜日。

自転車愛好婦人会ライドを敢行してまいりました。

はじめは宮ヶ瀬のカフェに行こうよと私が友人を誘ったのですが、やる気な彼女の提案でなぜか裏ヤビツを登ることになり
それならもう少し足を伸ばしてみない?と必死のプレゼンテーションでヤビツ登頂を阻止したのでした。
ヤビツ峠よりも魅力的な場所として提案したのが、相模原市・津久井湖近くにあるゼブラカフェさん。
七沢のコンビニで待ち合わせた私たちは、まずは土山峠を登り宮ヶ瀬湖を目指します。
いいお天気の週末、気温は高いけど風は涼しい!最高の自転車日和とあってたくさんの自転車乗りとすれ違います。
のんびり走っていたので、たくさんの方に追い越されたのですが、抜くときにその集団の個性やモラルがはっきり出ますね。
先日、商品を納品したショップさんのチームジャージの方々(私とは面識なし)が追い越しされた時は
広いところで、追い越し前と後にはっきりと声かけしてくださり、安全に気を配っているのが印象的でした。
同じチームの別班(1班4人編隊なのもコンパクトで車や他の自転車乗りにも優しいと思います)にも同様に追い越されたので
チームとして意識が統一されてるなぁと感心しつつ、小さくなっていく背中に「お店で新作見てね~」と念を送ったのでした。

さて、宮ヶ瀬湖を離れ、数回のアップダウンを経て津久井湖が見えてきました。
国道に出て200mほどでお目当てのゼブラカフェに到着。こんな鄙びたところになんだかオシャレを振りまいてるぞ!
うっかり写真を撮り忘れたのですが、店内にサイクルラックが設置されており愛車ごと入店可能です。
安心して駐輪できるというのはとてもポイント高い!!
クロワッサンの第一印象は「でかっ!」とにかく大きいです。大きさもお値段も通常の倍くらい。

一番人気だというチキンのクロワッサンサンドと、プレスでサーブされる今日のコーヒーにしました。
カップもコーヒーカップと言うよりはカフェオレボウルみたいに大きいです。
美味しかったですよ。次回はクロワッサン生地で包んだカルツォーネを食べてみよう。

お腹いっぱいになったので帰路に尽きますが、同じ道じゃあツマラナイ。
どの道を選んでも必ずアップダウンはあるんだから、行ったことのない道で帰ろう!ということで県道56号線を選択。
ゼブラカフェへの道のりの途中からすでにそうだったのですが、初めて走る道は楽しい~!!
くねくねと登っていく道は緑が濃く、荒く繰り返す口呼吸からでも草いきれのにおいを感じるほど。
車の通りが少なく、下り基調(これ重要!)のトンネルや、幾つもの大木が見事な旧村の氏神様を祭った神社など
イベント的なスポットも多く、走っていて飽きません。

神木というわけでもなさそうですが、見事な大木がたくさんでしばし見惚れました。

風を切り気持ちよく下るのはいいのですが、高度を下げると暑さが身に堪えます。
今年初めて走りながら首筋に水をかけました。
ダブルボトルで水分補給はマメにしていたおかげで汗びっしょり!
そんな時でも、サイクリングキャップのおかげで顔には汗が全く垂れてきませんでした。
今日は登りも多かったから、余計なストレスに気を取られずに済むのは高ポイント。
(先日の王滝100km出場のお客様からも、ノーストレスだったとご好評でした!)
これからの季節、この吸いっぷりをぜひお試しいただきたいです。

結局、裏ヤビツ登るのと大差ない程度の標高獲得だったんじゃないかと思うような行程でしたが
女二人、ただ縦列に走り休憩中以外は大した会話もなかったのに、走ってる時間を共有するだけで楽しい。
もくもくと坂を登り、美味しい物を食べ、ひたすらペダルを回して「楽しいね」と笑いあえる。
そんな友人は大事にしなきゃなぁと、次回の婦人会の計画を練るのでした。