一味違うハンドメイドサイクルキャップ 

2017/03/05 21:23

今日は「まちさが里山サイクリングの会」https://www.facebook.com/machisaga.cycling/に参加してきました。

こちらは、町田・相模原周辺の里山を中心に、里山サイクリングでのマナー、ライディングスキル向上と
自然を楽しみ大切にする・里山を楽しむ方々とサイクリストとのよりよいコミュニケーションを目指し活動されている団体です。

今回は、先月に続き2回目の参加でした。
まずは参加者の皆さんとご挨拶&自己紹介。

続いてマナーティップスとして里山を走る際のマナーを勉強します。
勉強といっても堅苦しいものではなく、ハイカーさんの立場になって山で自転車と遭遇してみる、というもの。
ゆるい下り坂に立ち、後ろから自転車に追いぬいてもらいます。

・・・結構怖い。

来るのが分かっているのに、横を掠められるとびくっとします。
自転車側からしたら、かなり徐行してるつもりのスピードですが、ぎょっとしてしまう。
走りながら熊鈴が鳴っていても、直前に声かけしても。
気づいてから通り過ぎるまでの時間が一瞬だから、認識が追いつかないのです。

また、里山ハイカーは高齢の方も多く、高音域の熊鈴は聞こえにくいという指摘も。
声かけやあいさつも自分はちゃんとやれているつもりだったけれど
今まで出会ったハイカーさんがいい人なだけで、もしかしたら怖がらせていたのかもしれない。
これは新鮮な気づきでした。

目から鱗のマナーティップスの後は、お楽しみの里山ツーリング♪
さすがに人数が多いので、二班に分かれスタート。
こんな気持ちの良い道を走ります。
本当は、もっとスムースな下りなどもありますが、そこは気持ち良すぎて写真なんか撮れないw
途中ハイカーさんと出会ったら、マナーティップスを活かしてサッと降りて元気にご挨拶!
主催者さんの地道な活動が芽を出し、すれ違う方々も気持ち良い対応をしてくださいます。

こんな八王子の街並みを見渡せるビューポイントもあり、里山といえど侮れません。

登ったり下ったり、2時間ほどの里山ライドを楽しんだら解散。
その後も、公園で参加者の皆さんと少しおしゃべりをして交流を深め、有意義な時間を過ごしました!
参加者の皆様、主催者様、ありがとうございました!!!
いつもと違う人たちと、知らない里山を走るのはとても刺激的で楽しいです。
今回、ご一緒した三浦マウンテンバイク・プロジェクトさんhttps://www.facebook.com/miuramtb/ のフィールドも行ってみたいなぁ!
ああ、休日が全然足らない!!!

最後に。
楽しく走って、着替えて、さあお昼ご飯だ!と意気揚々としていたら
まさかのバッテリー上がりw
公園事務所にバッテリーケーブルが備えてあって本当に助かりました。

皆様、駐車時におけるスモールライトのつけっぱなしにはご用心☆