一味違うハンドメイドサイクルキャップ 

2016/06/25 10:27

最近、耳にする「ワット」という言葉。

理科や電力会社のそれではなくて、自転車乗りの会話でのこと。

先日も豪脚を誇る方から「俺は**ワット出したよ!」と言われたんですが
正直、基準が全く分からないので、**ワットがすごいのかどうなのかも分かりません。
わかんないけど、わざわざ言ってくるくらいだからすごいのだろうと判断し
モヤモヤした気持ちをこらえ、あいまいな笑顔でやり過ごしました。

筋金入りの文系なワタクシ、ワットとかニュートンとか聞いただけで
もう耳が餃子(死語?)になってしまうのですが
このモヤモヤした疑問を解消すべくググりました。
きっと次にあの人に会うときは、心からの笑顔で「すごいね!」と言えるはず!

http://www.geocities.jp/jitensha_tanken/man.power.html こちらとかとても詳細な解説です。

ふんふん、一覧表も書いてくれて分かりやすそうだなぁ・・・

んがぁ!ちっともわからん!!!

ああ、往年のテキストサイトみたいな太字にしちゃいましたよ。
気分的には巨大な赤ボールドにしたいくらいです。

ペダリングモニターを装着してる人なら、刻々と変わる数値を見て
ご自身の管理としてワットという単位を使っていくのかなと想像します。
サイコンのように今後は広く普及していくアイテムなんだとも思います。
(それとももう市民権を得てるのかしら?私の周りは使っている人がいないのですが)

ですが現状は、人力で出力できる単位としての「ワット」って
初対面の他人と共通認識として語れるほど浸透しているものではないと思うのですよ。
前述の方は、会話に困ってネタとして出されたのかもしれません。
おそらく自慢話ですし、せいぜい私にこっそり「Mr.ワット」と名付けられる程度です。

もっとモヤモヤしたのは、某自転車雑誌で
「チェーンを洗浄すれば10wは稼げる」のような記述を目にしたこと。(数値はちがうかも)
要は洗車って大事だよ!と言いたいみたいなんですが、分かりにくいわぁ!
その10wって瞬間的なものなのか、持続的なのか、それならどのくらいの時間を指すのか根拠は~??
そもそも10wってどのくらいの出力なの??

なんとなく、自転車乗りの方って理系が多い気がするのですが
こういうことも影響してるんでしょうかね?

最後に
うっかり「俺、**ワットなんだ」と話した相手の答えが
「電気代浮いちゃうね」等の自家発電系ネタだとしたら、相手は確実に困っています。
深く反省して、早々に話題を変えてあげましょうね☆