一味違うハンドメイドサイクルキャップ 

2016/05/03 22:36

連休ですよ~!

自転車友達のお誘いを受け、BBQに乱入してまいりました。

もぐもぐ楽しんだ後は、彼らが丹精込めて作ったコースでBMX初体験!
うは、怖い!なんでブレーキが片方にしかないの!?
ないのがわかっていても、左手がレバーを探しています。

うう、BBが低いからペダルがすぐ地面に突っかかる。
うう、ゴム長靴はペダルとの相性もへったくれもないわ!
あまりにも普段の自転車と勝手が違いすぎて
ショートホイールベースだからハンドリングがクイックで乗りづらい、なーんてことにも気づかないほど。

でも、この美しいバームに乗りたい。ぐいんっ!と曲がってみたい!
そんな欲を出したら、バーム出口で曲がり切れずあっという間に吹っ飛びました。
草むらに突っこんだせいで、首の皮膚が何箇所か切れた感じがする。うう、悔しい。

はい、気を取り直して、今度はゆっくりカーブ(バームにあらず!)を曲がり、テーブルトップへGO!
ぐいん・・・ぐしゃ。
見ていた友人によると、見事な顔面着地だったそうです。
もう泥だらけ傷だらけ。いい歳した女性の顔じゃないよ、とほほ。

鼻の下の擦りむきっぷりが特にひどくて、出血こそないものの幾筋もの擦過傷から体液が染み出してパリパリ。
少しでも早く治るように、現在キズパワーパッドを貼っておりますが
ぐんぐん体液を吸いこみ白く膨張したパッドは、まるでロマンスグレーのチョビヒゲのようです。

どこに行くにもマスクが手放せない状況ですが、そんなことさしたる問題ではなくて。
なんとかあのバームを攻略してやりたいと、虎視眈々とイメージトレーニングを繰り返しているのです。
私の妄想力がどこまで通用するのか、大怪我をしない程度に悶々としたいと思います!